ケノンで顔を脱毛する時に気を付けたいことベスト3

ケノンは、
自宅にいながら手軽にサロンなみの脱毛も出来るということで、
幅広い年齢層や男女からも大人気の脱毛機器です。

でもこのケノンを使用しての顔の脱毛は出来るのでしょうか。

では、その点をご紹介します。

ケノンによる顔脱毛は可能!

ケノンによる顔脱毛は、結論から言いますと可能です。

そして、顔脱毛の施術となる箇所は全部と言えます。

鼻下や顎、眉毛、おでこ、額など全ての箇所が可能ですのでうれしいです。

顔の産毛の脱毛となるとやり方がわからないと言う方もいるかも知れません。

でも他の部位とほとんど同じ方法で脱毛できますから安心してください。

顔の産毛には、専用のスリムカートリッジを使用します。

顔は凹凸が多いのでスリムカートリッジでヘッド部分を小さくし脱毛します。

グラフィックス6

顔脱毛をする際に注意することは!

顔脱毛する場合には注意すべき点が3つあります。

1顔の冷却等、クーリングをしっかりする
グラフィックス7 顔は他の部位に比べて皮膚が薄いので、痛みを感じやすい部位です。

脱毛前後の冷却は他の部位よりもしっかりとしておく必要があります。

肌を冷やす方法としては、
付属の冷却パックでもいいですし、
100円ショップなどで売っている
冷蔵庫に入れて冷やすタイプの冷却パックでも可能ですから、
しっかりと冷やしてください。

2.付属のサングラスを必ず使用する
グラフィックス8
光から目を保護するために、
付属でついているサングラスを着用してください。

目に光が入ったからといって、
失明するということはありませんが、
目の周りの皮膚は敏感なので保護する役割もあります。

3.目の周りや唇への照射はNG!

上記でも触れましたが目の周りは皮膚が薄いので、
より痛みを感じやすい部分です。

また唇は、
他の部位に比べると色が濃くて顔の肌よりもより敏感です。

光が当たると痛いので、光を当てないように注意してください。

どうしても気になるという方は、
薄めの口紅やコンシーラーで肌の色に近づけると安全です。

それと、濃いシミやほくろは、
ケノンの光が特に吸収されやすくなります。

熱を持ちやすく肌へのダメージが大きくなるので、
白いテープなどを小さく切って、張り付けた後に光を照射しましょう。

ほくろやシミには
100円ショップなどで売っている丸いシールの白色を貼ったり、
コンシーラーやファンデーション等で隠す方法もあります。

グラフィックス9

まとめ

グラフィックス10
顔の脱毛といっても、
鼻下などの面積の小さい部分の施術は案外大変です。

その際に活躍するのが、スリムカートリッジです。

これを使用するととても操作性が高まりますからぜひ利用してみてください。

眉毛などの施術のしにくい部位には、目の周囲のオプション品もあるようですよ。