子供脱毛にオススメなのはケノン!
毛深い子供を何とかしてあげたい!

最近では、自分が毛深いことに悩む子供が増えているようです。
子供が悩んでいれば、どんなことでもしてあげたくなるのが親心です。

そして、キッズ脱毛や3歳からできる脱毛サロンなどもあるようです。
子供のために脱毛する人が増えているみたいですね。


でも、きちんと脱毛するには一般的に12回は必要!
つまり毎月脱毛できたとしても一年もかかります。
さらに金額もかさみます。

中には、小学生は断られる所もあります。

だから、自宅で脱毛器での脱毛なら、レベルも調整が可能ですし、好きな時にできて良いのではないかと思います。

親子で脱毛するのであれば格段安くなりますしね。


とはいえ、本当に大人と同じで大丈夫?って心配なさる方もいることでしょう!


子供の脱毛は大人と同じ?


子供の脱毛利用については、メーカーごとに「子供の使用や高齢者の使用は禁止」や「18歳以上からの使用」や「保護者の自己責任で」など様々です。

それは、子供の皮膚が大人に比べて薄くてデリケートだからです。
ですから、使用する際には、何が起きても自己責任であるということを忘れないでおいて下さい!


それでも、脱毛器を持っている1/3の人が親子で使っているというデータがあるそうです。

そこで、使用する際の注意事項をご紹介していきます。


子供にはさせず、必ず保護者が行なってあげて下さい!

初めから最後まで全ての工程において、保護者が行いましょう。

照射の場合は、子供には光から目を背けさせ、誤照射を防ぐ為に動かないでおとなしくしてもらいます。

低いレベルで試して様子を見ましょう!
子供の皮膚は、とてもデリケート。
必ず一番低いレベルで照射し、皮膚の状態や子供の反応をしっかり見ましょう。
また、照射前後の冷却を必ず行うこと!!

そして、痛みの少ない腕で試しうちをおすすめですします。


この2点が注意事項になります。
必ずお守り下さい!

守らなければ、トラブルの原因となってしまうかもしれません!!
そうなっては、誰も責任はとってくれません。
あなたの子供はあなたが守ってあげてくださいね。

何事も、慎重に行ないましょう。
気を使いすぎるくらいがちょうどいいです。


子供脱毛の選択肢

子供脱毛は、2種類の方法があります。
エステサロンでのキッズ脱毛か自宅で行う家庭用脱毛器かの2つの選択になります。
ケノン効果
どちらが安全でどちらが良いと思いますか?
またどちらをお選びになられますか?

参考までに、脱毛サロンを選んだ場合と自宅で行う場合を書いていきますね。


脱毛サロンを選んだ場合
大人と違って肌がデリケートな点や成長期という点で一般の大人の脱毛とは違ってきます。

多くのサロンで18歳未満の施術が行えないのは成長期に脱毛しても、ホルモンバランスが安定する年齢になるまでは、毛の周期によってまた生えてくるからです。

その点を理解した上で、キッズ脱毛を行いましょう。
そして、何度も通うことになるなど注意点に気をつけましょう。


自宅で行う場合
カミソリや除毛クリーム・除毛スプレー、脱毛テープやワックスがあります。

しかし、お肌への負担や炎症などを起こすることも考えられる為、
オススメはできません


また、抑毛ローションがあります。
豆乳を使った抑毛ローションを使ってムダ毛を薄くする方法です。
肌に負担がかかりません。

保湿のケアにもなるので安全な方法といえます。
効果がでるかは、個人差があり、毛が薄くなるにしても効果を感じるまで時間がかかるそうです。

しかし長期で続ける必要があります。
即効性を求める方は、不向きといえます。

次に、家庭用脱毛器があります。

比較的負担が少ないのは、抑毛(豆乳)ローションと家庭用脱毛器の二つになります。


子供のデリケートな肌を守る為には、
なるべく負担のかからない方法を選ぶことを最優先で考えてください。

余裕があり時間もあるのならサロンを、
自宅で処理する場合は皮膚や毛穴や傷をつけず、そしてお肌にダメージを与えるやり方は避けて下さい。


それでは、お肌は弱い子はどしたらいいのか?
そこで色々見てみました。

肌が弱い子供にベストな選択肢の提案

肌が敏感や弱い方にオススメの脱毛方法は、
家庭用脱毛器も多いのですが、サロンも多く悩むところですね。


その中でも、サロンがオススメしている脱毛方法が気になりましたのでご紹介しようと思います。


ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛は、痛みがなく、肌への負担が少ないので、
敏感肌や皮膚の薄いお子さんの脱毛には最高の脱毛方法です。

このハイパースキン脱毛を取り扱っているのは、
子供脱毛で有名なディオーネのみです。

ハイパースキンの開発者は、当時小学生の娘を持つ父親で、
娘がムダ毛てからかわれて気にしてしまったお嬢さんのために開発したそうです。


子供の肌は、大人に比べ薄くてデリケート、刺激にも弱く、
熱を与えて毛根組織にダメージを与える脱毛方法では、後にトラブルを起こしてしまう可能性がある。

また、痛みに絶えられなく、途中で脱毛を諦めてしまうこともある。


今生えている毛根を焼くのではなく、これから生えてくる毛の種をアプローチすることで、ムダ毛を減らしていく方法を発見し、
38℃のぬるめの温度で痛みのない脱毛方法を開発したのです。


また、ハイパースキン脱毛には、フィット美顔の光が含まれており、肌の再成を促してくれるので、アトピーやニキビ肌の改善にも期待できるらしいです。

痛くない、肌に優しい!!
子供にはふさわしく魅力ある脱毛方法ではないでしょうか。


みなさんは、どう思われましたか?!


子供脱毛は家庭で出来ます

ケノン親子脱毛 子供の脱毛は家庭用脱毛器でできます。
しかし、使用する際には、各自自己責任になります。

脱毛器自体の安全性については、
子供の肌に使用したからといって大きなトラブルになることはないようです。



ですが、何回も言うように子供の肌はデリケート!!
出力レベルを低くして必ず使用することが必要です。

そして、年齢にもよりますが、必ず親が施術してあげましょう。
また、使用する前に必ず説明書を読み、注意事項を守りましょう。



もし、家庭用脱毛器での半永久脱毛効果を期待するのであれば、
ホルモンバランスが安定する年齢まで待ってからにする方が効果は高いです。

とは言え、今すぐなんとかしたい!
という場合にも効果がありますので、使用しても大丈夫です。


ケノンを使えば親子で全身脱毛

ケノン親子効果 子供の脱毛を考えたいのなら、まずはホルモンバランスについて考える必要があります。

子供の発毛が促進されるのは、第二次成長期(女性7~11歳、男性9~11歳)と言われる時期に、
性ホルモンによって女性らしさや男性らしさが分かる。

この時期を過ぎると、ホルモンバランスが安定し発毛の周期も安定するため、
脱毛を行うと効果が高いとされています。

それは、子供だけではなく大人にも言えることです。
例えば、妊娠や出産の影響でホルモンバランスが通常と異なり、
毛周期が乱れて今まで生えていなかった毛が生えてきたり、急に濃くなったりすることもあります。


ですから、毛周期のサイクルに合わせ成長期と言われている時期に脱毛をしなければいけないのです。


次に、家庭用脱毛器は、医療脱毛のようにお肌に強いダメージはありません。
脱毛すること自体それほど問題はありません!

ですが、脱毛後のアフターケアをしっかりと忘れずにしなくてはなりません!


それにもかかわらず、小学生や中学生の肌のお手入れが不十分になりがちです。
脱毛後はUVクリームを塗ったり、日焼けしやすい所へは避けるとかする必要があります。

必ず正しく使用しましょう!!
正しく使えれば何にも問題は起きないはずです。