脱毛クリームで永久脱毛できるの?
ケノンと脱毛クリームを徹底比較

脱毛クリームって、よく聞いたりしますよね。
最近では、ドラックストアやコンビニでも売っているのではないでしようか。
私は使ったことはないため、知識はチンプンカンプンです。


ですので探し、わかる程度にご説明していきます。


脱毛クリームってよく聞くけどなに?

imgres
「脱毛」とは「毛を抜く」という意味です。

毛抜きで抜くのも、エステの光脱毛も、レーザーで毛乳頭を破壊するのも「脱毛」です。

そして、ワックスのように一気に剥がして抜いたり、
根元に作用する化学成分を用いてムダ毛を抜き去るのが「脱毛クリーム」といえます。


ですが、最近では「脱毛クリーム」という言葉が、
「抑毛」や「除毛」の効果があるものに使われているそうです。

とにかく毛をなくして、生えてこなくするためのクリームを総称して
「脱毛クリーム」と呼んでいるサイトもあるそうですよ!


だから、「脱毛クリーム」と称している商品については、
毛や肌にどう作用するのかなどをチェックした上で購入や使用をする必要があるかと思われます。


また、短時間で脱毛効果を実感することができます。
しかし、脱毛クリームは悪い面もありますので、ご紹介していきます。


脱毛クリームのデメリット


脱毛クリームは、アルカリ性の成分を配合することによって、ムダ毛を溶かしています。

だから、弱酸性の肌にアルカリ性に、一時的に傾かせているため肌荒れが起こりやすいです。

ですが、天然成分やトリートメント成分などがたっぷりと配合することによって
脱毛クリームによる肌荒れを極力起こさないように工夫されているものもあるらしい。



でも、肌質が弱い方やアトピーの方などは、使わないで下さい。
お肌にダメージを与えてしまいますし、全ての人の肌質に合うとは限らないのです。

もし使用するとしたら、必ずパッチテストをしてから使用することをオススメいたします。



家庭用脱毛器を使えば安心安全です

5
家庭用脱毛器で多く出回っているのは、「フラッシュ脱毛器」というタイプです。
フラッシュ脱毛器は、かなり明るい光をあてることで脱毛をするものです。

きっとそれを聞いて、火傷や皮膚癌のおそれはないかと心配する方もいらっしゃると思います。


ですが、説明書にしたがい、
正しい使い方をしていれば心配はいりません。
また、皮膚癌になる心配はありません。


しかし、説明書に反して禁止事項を守らないと火傷をするなどといった危険性があります。

つまり、使用する際には、必ず説明書をよんでから使用することが大切!!
そうすることにより、安心安全な脱毛を行うことができると思います。