ケノンって結局どうなの?永久脱毛できるの?

ケノンで永久脱毛することに成功したって人は、
実際どのくらいいるの?本当に永久脱毛できるの?

そんな疑問にお答えしていきます。


永久脱毛の定義


永久脱毛は、処理したら一生ムダ毛が生えてこない訳ではありません。
永久脱毛という言葉からそういうイメージを持たれる方が多いと思いますが、実は明確な定義があります。


永久脱毛という言葉の定義は、米国電気脱毛学会により定義づけされています。
そこでは「脱毛の終了から1ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下の場合」と定義されています。
つまり、永久脱毛=無毛ではなく、ほとんど毛が生えていないということです。


定義が20%以下なので10%も0%も含まれます。
脱毛は回数を重ねるごとに毛の生える範囲と量が減っていきます。


例えば、家庭用脱毛器で自分で脱毛するのであれば、
コストをかけずに経済的に完全に脱毛することができます



でも0%にいかなくても、毛の質が細く目立たないものに変わってきます。
ですから、人によっては目標とする状態が違ってくることでしょう。


そして、家庭用脱毛器を使ったとしても、効果には個人差があります。
たまに産毛が生える人もいれば、毛が薄くなる人やほとんど毛が生えてこない人もいます。

それは、人によって毛質、毛の量、体質などが違いますので、実際に脱毛をしてみなくては分からないことです。


つまり、永久脱毛とまではいきませんが、産毛以外のムダ毛を完全に処理することはできますが、
毛の再生率が20%以下が永久脱毛をするなら家庭用脱毛器でもそのくらいは十分可能ということです。


永久脱毛の選択肢

ケノン
今流行りのエステ店では、永久脱毛という言葉を耳にしたことはあるかもしれませんが、
定義からすると20%の毛が残っている状態になるので、完全に毛がなくなるわけではありません。


しかし、ケノンであれば自宅で好きなだけ脱毛できるので、使い続けていれば永久に生えてこないとは言えませんが、
確実に無毛に近い状態にすることができます。

また、永久性はともかく、生えてきても家庭用なので、その場で照射しなおせば良いのでとても助かります。


家庭用脱毛器のメリット

手軽さや手頃さで、使用が容易であるということ。
また、エステなどと違い、もし毛が生えてきて気になりだしたらすぐにその場で脱毛できます。
また、低コストで脱毛ができます。


エステのデメリット
エステは、クリニックで使用しているレーザーより威力が低いため、効果が出るのが遅いです。

また、エステサロンは医療機関ではないため、トラブルに対応ができません。
何かおきた時には、病院へとしか言えません。

そして、予約げとりづらいです。
また全身脱毛をした場合当然コストは脱毛器購入の数倍はかかります。


医療脱毛のデメリット
レーザーが高出力ゆえに、エステサロンで脱毛するよりも肌を痛めてしまう可能性が高く、
一時的に腫れや赤みがでてくる場合があります。

さらに、施術中は激しい痛みが伴います
また、お値段も高額でエステサロンよりさらに数倍かかります。



やっぱりケノンが一番

ケノン 自宅脱毛
なんだかんだ言っても、コスパで選ぶなら結局はケノンが一番良いです。

他も悪くはないと思いますが、ケノンの方が圧倒的に有利でしょう。
人気も高く全てにおいてトップレベル!
文句なしの脱毛器です。


日本人の為だけに作られ、安心安全も抜群ですし、下手な家庭用脱毛器でやって、お肌を痛めてしまうこともあるようです。
ですから、安全面や安心面を考えてもケノンをお勧めいたします。