ケノン購入者の43%はなんと男性!剛毛ヒゲにも効く家庭用脱毛器

剛毛のヒゲを脱毛するための選択肢


男性がヒゲやムダ毛を脱毛するための主な方法は、

point1家庭用脱毛器を購入して自分の家で脱毛する
point2メンズエステサロンに行ってプロによる脱毛を受ける
point3クリニック(医療機関)に行って医師または看護婦さんによる脱毛を受ける

この三種類になります。

では、この三つはどのような方法なのかを簡単にご説明いたします。



家庭用脱毛器の場合

家庭用脱毛器は、他の方法よりも脱毛効果は落ちるけど、
自宅ではお手軽に脱毛できるというのは他にはないメリットです。
クリニックやメンズエステに通う時間がない忙しい方や自宅で1人でマイペースに脱毛したい方に向いています。

あとは自分で施術するので人見知りや恥ずかしがり屋はもちろん、
コンプレックスを他人に刺激されないというメリットもあります。


クリニックの場合
クリニックは、脱毛時の痛みが他の方法よりもあるが、
そこさえ我慢できれば他の二つの方法よりも効果、回数、期間の面でものすごく有利でしょう。

そして、その痛みも麻酔を使えば抑えられるので、とにかく一気に脱毛をしたい方はクリニックが良いです。
ただし、剛毛であればあるほど、半端ない痛みに襲われます。
これを我慢できるかどうかが選択肢の一つになります。


メンズエステサロンの場合
メンズエステの光脱毛は、永久脱毛というよりも基本的には減毛レベルです
クリニックよりも脱毛効果は劣りますし、脱毛力が優しいので、
徐々に毛を薄く細くしながら美肌効果も欲しいのならばメンズエステの光脱毛です。


あなたはどれを選択しますか??


家庭用脱毛器ならば、断然ケノンがオススメですよ。
自己処理からケノンに乗り換えてる43%の男性がケノンの愛用者です。

いずれにしても、自分にあった脱毛方法を見つけることが大切です。


エステや医療脱毛のデメリット

ケノン ヒゲ
こちらでは、本当にどれがあなたに合っているのかを明確にするために、
メリットだけではなくデメリットも載せています。

ただ売りたいだけの業者の記事ではないので安心してくださいね(笑)


まずは、デメリット知る前に、ヒゲ脱毛の施術方法を知る必要があると思いますので、
まずはこちらからご説明させていただきます。


医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛は、黒または茶色に感応する波長のレーザーを使用しています。
レーザー光がメラニンに反応して毛根の毛母細胞(毛を作る細胞)を熱破壊し、脱毛へと導きます。


また、周囲の皮膚へのダメージが少なく、
剃刀負けや脱毛クリームなどの自己処理で傷ついてしまっている肌にもレーザー脱毛は効果を発揮します。

1回のレーザー照射で、数十本の脱毛ができ、さらに毛根から再び毛が生えるのを抑制します。

このような理由から、医療機関で行われる医療レーザー脱毛は、
最も効率の良い安全な脱毛方法で、永久脱毛効果ぎ高いと言われています。



クリニックとエステの違い

病院やクリニックなどの医療機関で使用される医療レーザー脱毛器と、
エステや脱毛サロンなどで使用されるレーザーの出力には違いがあります。

医療用レーザーは出力が高く、出力やパルス幅をその人に合わせて微調整できるので
高い効果を期待できるうえに、火傷のリスクを軽減するために皮膚を冷却しながら照射する機器も使われています。


安全性に関しては十分考慮されています。
仮に肌トラブルになったとしても、医師の管理下だから安心です。


エステや脱毛サロンで扱われるレーザー脱毛器はどうかというと、こちらは出力の弱い機器しか使えません。
当然効果がでるまでには長い期間を要することになります。


以上がそれぞれの施術や違いになります。
では、デメリットはあるのでしょうか。


デメリットとして、レーザーの出力が高く、厳重な管理のもとで施術しなければ、火傷や肌トラブルのリスクがります。
また、輪ゴムでパチンとはじかれているような痛みが伴います。



家庭用フラッシュ脱毛器の登場


自宅で脱毛をするのには、これまでなら剃刀や毛抜きでというのが一般的でしたね。
でも、高性能でリーズナブルな家庭用脱毛器が次々と登場したことで、
自宅で家庭用脱毛器を使ったムダ毛の処理をする人が急増しています。


家庭用脱毛器がここまでブームになっているのには次のような魅力があげられています。


これまで家庭用脱毛器に搭載されているのは、電熱式やレーザー方式がほとんどでした。
値段の割には取り扱いかま難しさったり、コストパフォーマンスがよくなかったりと、それほど普及しないまま推移していたのです。


そこで登場したのが、フラッシュ脱毛方式の家庭用脱毛器です。
エステサロンで使用されているフラッシュタイプの処理方法を家庭用にまとめたもので、
高性能であるにもかかわらず、値段もお手頃で爆発的に売り上げを伸ばしました。


フラッシュ脱毛が自宅で素人でも簡単に使えるようになったことはとても画期的なことはだったようです。
さらに、多機能化にもなり、脱毛サロンよりお得になりました。


家庭用って剛毛にも効くの?


脱毛器は数多くありますが、ヒゲを脱毛するのにおすすめな脱毛器となるとその数は限られています。
そして、性能面、ランニングコスト面でも納得できる物となると更に限られています。


いったいヒゲ脱毛器はどれを選ぶのが良いのか。どれがオススメなのか。
って感じてる人も多いのではないでしょうか。


今の家庭用脱毛器の主流は、フラッシュ脱毛器です。

ヒゲ脱毛器もこの点は同じとのことです。
フラッシュ脱毛器でヒゲにも問題なく使用できて、
性能面、ランニングコストの面で納得できて、オススメなのは、「ケノン」と「トリア」です。


トリアはレーザー脱毛器です。

ヒゲを他の部位の毛と比べても、一本一本太く硬く頑固です。
ヒゲを脱毛するとなるとフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器に求められるのはパワーです。


フラッシュ脱毛器の場合は、照射力の高さが重要です。
更には、範囲の広いムダ毛の場合脱毛するのにも時間がかかります。

その苦痛を大幅に軽減してくれるのが、照射面積の広さや1回の照射後の次に照射できるまでの待ち時間の短さ、
連続照射機能といったことが重要になります。



ランニングコストの面では、一つのカートリッジでかなりの数の照射回数ですから、
全身のムダ毛や範囲の広いムダ毛にも回数を気にすることなく照射することが可能です。


また、家庭用脱毛器は剛毛でも十分綺麗に脱毛できますのでご安心下さい。


しかし、剛毛な方ほど気をつけなければならないことかあります。
それは、脱毛器選びです。


普通の家庭用脱毛器でも剛毛はある程度できますが、あまりよくない脱毛器ですと中途半端な脱毛になってしまいます。
何故かと言うと、脱毛器は剛毛な人ほど効果が発揮いたします。
ですから、脱毛をしてくると徐々に毛は薄くなります。


それでですね、脱毛力のない脱毛器で処理をしますと、
剛毛は脱毛できても薄くなったムダ毛は脱毛ができなくなるんです。

つまり、中途半端にムダ毛が残る傾向にあるということです。


良い脱毛器になればなるほど、ムダ毛が少なくなっていきます。
普段の生活でそれほどムダ毛が気にならなくなるくらいまで綺麗にしたいのなら、
ケノンのような脱毛力のある脱毛器が必要になります。


また、ケノンの43%が男性ということで、人気が高いだけてはなく、
男性にも満足いただけてる脱毛器となっていることでしょう。
ヒゲの剛毛にはケノンです!


家庭用脱毛器でオススメなのはケノン


自宅で手軽に、短時間でムダ毛の処理をしたいですよね。
照射面積が広く、軽い家庭用脱毛器なケノンです。
照射面積が狭いと、時間もカートリッジ代もものすごくかかります。


今現在、剃刀や毛抜きをしている方は、お肌にダメージを与えてしまいますので、ケノンへ乗り換えてみてはいかがでしょうか?
お肌のダメージを考えて剃る、抜く、切るは卒業して下さい。
毎日のヒゲの処理から解放されましょうよ。

なんと、ケノン購入者の43%が男性です。


満足度も高く、女性のみならず男性にも大人気です。
さらにどれと比べてもトップレベルです。

文句一つない脱毛器です。
今購入を考えている方は、ぜひケノンを検討してみてはいかがでしょうか。