脱毛器ケノンの使い方!あなたは間違った使い方はしていませんか?

家庭用脱毛器の中でもひときわ効果の高いと口コミで人気のケノンですが、
使い方を間違えると全く脱毛できないんです。

もしもあなたがケノンを使ってみて、
「全然脱毛できねーじゃん!!」なんてことを考えているなら、
以下に当てはまっていませんか?


ケノンを使う時期

脱毛は夏にするって思っている方もいるのではないでしょうか。
でも、夏までにツルツルにしたい方は冬場に脱毛しなければ間に合いません。

女性の方も男性の方も紫外線が少ない冬にするのが常識ですよ。


でも、どうして冬がいいの?って疑問に思っている方もいるはず…
ですから何故冬がよいのかご説明いたします。


冬から脱毛が最適な理由

point1汗をかきやすい夏場に脱毛を行うと、
汚れやばい菌で炎症を起こしたり、可能の原因になる可能性が高く、危険なのです。

ですから、必ず冬場の清潔な状態で行わなければいけません。


point2夏場は、強い紫外線がお肌をジリジリと刺激します。
ダメージを受けたお肌にレーザーやフラッシュを照射するのは、安全上好ましくありません。

脱毛をするなら、お肌に刺激を与える紫外線が少ない冬場が当たり前とのことです。
つまり、脱毛スタートは、紫外線の弱い冬が一番ってことです。


point3脱毛期間中は、自然と毛が抜け落ちる以外は、自己処理で抜いてはいけません。
レーザやフラッシュは濃い部分に反応して光を照射します。
毛が少しでも残っていないと、そこには照射されません。抜いてしまったらどうしようもできません。


point4冬から脱毛が最適な理由(男性の場合)

フラッシュ脱毛等は、照射前に必ず毛を剃ってから脱毛しましょう。
また、男性の場合は秋から冬にかけて脱毛を行いましょう。


おヒゲは、フラッシュ脱毛を行うにあたって紫外線は敵です。
でも、ヒゲ(アゴ)ってなかなか日光から隠せません。
日焼けした後、日焼けする前は、ケノンを照射する2週間程の間隔を空けていただくことが推奨されています。

よって、男性のヒゲ(アゴ)を脱毛するには、日焼けをしない冬からの脱毛でなければ、肌へのダメージが大きくなる可能性があります。


point5冬から脱毛が最適な理由(女性の場合)

冬はイベント満載ですよね。
Xmasやお正月やバレンタインなどありますね。

この時期は女子力が問われます

彼氏がいない人もいる人も、冬場はイベントが沢山
出会いの季節でもあります。

脱毛も美顔も、普段からお手入れしていないと間に合いません。


脱毛をしなければいけない時期は人それぞれ!

でも脱毛エステサロンでは、冬場までにツルツル肌にならないかも!!
来春までにツルツルになりたい方はケノンに乗り換えちゃいましょう。

ちなみにエステは永久脱毛までに2年近くかかることもありますよ。


毛周期に合わせた脱毛時期

ケノン 自宅脱毛
自宅でエステサロンのような脱毛ができることで人気のケノン。

でも、買う前に思っていた効果が出ないと感じている方や、
すぐに毛が生えなくなると思っている方
がいるのではないでしょうか。


ですが、毛にも毛周期というものがあるのです。
つまり、毛周期に合わせた脱毛を行うことによって、
徐々に毛が薄くなったり、毛が生えなくなるような効果が得られるのです。


この毛周期は、ヘアサイクルとも呼ばれ、成長期・進行期・退行期・休止期があります。

その中でも、ケノンを使い効果がある時期は成長期の毛だけです。
成長期は、細胞分裂が盛んに行われ新しい毛が生える時期です。


このタイミングで毛根にダメージを与え続ければ、徐々にに細胞のかつどが弱まり毛が薄くなります。

1回や2回の処理で、希望通りの結果が出ることはありません。
毛のない綺麗な肌を想像しながら気長にケアすることで理想的な効果が期待できることでしょう。


毛周期の調べ方


毛には毛周期と呼ばれる生え変わりのリサイクルがあります。

ですから、ムダ毛を抜いてもそれが成長期の場合には、皮膚の下でスタンバイしていた新毛がすぐに生えてきます。
その毛周期は、生えている部位によって少しずつ異なります。


身体の中で一番毛周期が長いのは頭髪で10日間に3~4ミリ伸びて、3~4年間で退行期にはいり、自然と抜け落ちます。
また頭髪の場合には、1日約50本が自然に抜けていくと言われています。


眉毛は、毛周期が短い部位のひとつで、3~4ヶ月で生え変わります。

手や脚は、皮膚の表面に出てきて身体の自然に抜け落ちるまでの時間が長いのが特徴で、
成長期の期間は3ヶ月~半年とされています。


脇の下は、1日に約0.3ミリ伸びて、成長スピードは頭髪に次ぐ速さとされ、
一度抜いた毛が生え変わるサイクルは4ヶ月と意外と遅いです。


そしてビキニラインは1日に約0.2ミリ伸びて、生え変わるまで4ヶ月です。


つまり部位によって毛の成長のスピードや生え変わり日数が異なります。ケノン

ここまで理解できたらすぐに効果が表れる



脱毛は成長期を狙って照射するのが効果的です。
毛のメラニン数値がとっても高く、フラッシュ効果を十分に発揮できます。

さらに、エステサロンよりもケノンの方が、最もはやく部位ごとに脱毛でき、
脱毛周期でも脱毛できるので効果もはやく表れやすいでしょう。



脱毛回数を増やしていくと、徐々に毛の量も減っていき、生える毛が細くなります。
こうなると、脱毛間隔は2週間に1回でなくても大丈夫になります。
毛が生えてくるのを見計らって脱毛しましょう。