徐毛クリームをヒゲに塗るのは危険!
毛を溶かすクリームを顔に塗ると・・・

以前除毛クリームとは?お肌も溶かすこわーい粗悪品にご注意!ケノンは安全に脱毛できます
という記事で除毛クリームの危険性をお話ししました。

今回は「除毛クリームをヒゲに塗るのは危険!毛を溶かすクリームを顔に塗ると…」に関してご紹介していきます。



お手軽な徐毛クリーム

ケノン 除毛クリーム
最近は、メンズ用の脱毛クリームというものも販売されているようですね。
脱毛クリームというよりは除毛効果のあるクリームです。


除毛クリームは簡単にムダ毛の処理する方法として女性男性問わず人気のアイテムです。
ムダ毛の気になる部分に塗ることで、毛を綺麗に除毛することのできるクリームです。
除毛クリームを塗ると、どんどん毛が溶けていくような感覚になるようです。


最近では使い続けるごとにどんどん毛が薄くなる効果のある除毛クリームも販売されています。
しかし除毛クリームでの処理は賛否両論があります。


また除毛クリームは、基本的には顔に使用するものではありません。
毛を溶かすクリームなので、肌への刺激も強いでしょう。

脚や腕などの体に使う分には問題ありませんが、顔に使うのは危険です。


また、肌が弱い人やニキビができやすい人など何らかの肌のトラブルを抱えている人は、除毛クリームの使用はオススメしません。



さらに除毛クリームは、エステサロンや脱毛器と比べれば高くないですが、
毎日もしくは定期的に除毛クリームを使うには時間も費用もかかりすぎてしまうでしょう。
ですから、コストパフォーマンスは良いとは言い難いです。



徐毛クリームはどうやって脱毛しているのか?

ケノン エステ
除毛クリームとは、ムダ毛を溶かして除毛する方法です。
毛を溶かすため、生えてくる毛が剃刀の処理の様にチクチクすることはありません。
ですが肌への負担は非常に大きいですから、人によっては肌が赤くなったり痒くなったりするこもあります。


使用前には必ずパッチテストを行ない、正しく使いましょう。

除毛クリームは一度に大量のムダ毛を処理できます。
女性のムダ毛なら3〜5分、男性の剛毛でも5〜6分の短時間で処理できるものがあります。


除毛クリームを使った正しい毛処理の方法は以下の通りになります。

ムダ毛処理の際は、お肌を傷つけないように気をつけましょう。
お肌への負担を避けるためにも使用方法と注意点をご紹介します。

point1パッチテスト
脱毛する前日までに必ずパッチテストを行なって下さい。

point2清潔
入浴して脱毛する部分の肌を清潔入浴します。

point3乾いた肌に使う
入浴後、除毛クリームを使う前には肌についた水分をしっかりと拭き取ります。この時に肌をこすらないで、タオルで抑えるように拭きます。(こすってしまうとお肌に傷をつけてしまいます。)

point4塗る
クリームを塗って指示された時間を待つ。時間になったら説明書に記載されている通りの方法でクリームを取り除きます。通常はぬるま湯で洗い流します。

point5確認
クリームで溶けたムダ毛と肌表面にクリームが残っていないか確認する。

point6処理後のお手入れ
除毛クリームは肌への負担が大きいです。ですから処理した部分は非常に敏感になっています。刺激の少ないローションや乳液でしっかりと保湿をしてあげましょう。


point注意点

お肌に傷のある時には使用しない!
自分の肌の調子を考えてから剃る


ケノン ポイントムダ毛は年中気になるものですが、生理前後や体調悪い時、
寝不足、疲れている時、強い日差しを浴び時なでは、皮膚が敏感になっています。

このような時は、無理に脱毛すると肌トラブルを引き起こす可能性がありますので、
肌を十分に休ませてから処理をしましょう。


以上が使用方法と注意点になります。
使用する前には必ずパッチテストをし、説明書をきちんと読んでから正しくお使い下さい。


毛を溶かすクリームで肌が大変な事に

除毛クリームは毛を構築するタンパク質を溶かすことによって脱毛を可能にしているので、
多種類の刺激成分が入っています。ですから、肌トラブルが起きる可能性があります。


除毛クリームは、自分の肌に強すぎると肌が拒否反応を起こします。
使用前に、少量を肌につけ反応をうかがうパッチテストを必ず行なって下さい。



最も肌トラブルとして多いケースは、
赤いぶつぶつができてしまい毛穴が炎症を起こして痛くなったり、むず痒くなったりという症状です。

それを爪でかいてしまうと余計に毛穴が開いてバイ菌が入り込んでしまい悪化してしまいます。
ですからローションや乳液で対処しましょう。


次に敏感肌の方に多いトラブルは、火傷です。
パッチテストを行わずに使用するとこのような症状が現れます。


除毛クリームを使用したのち、すぐに患部が真っ赤になり、何も触れなくてもヒリヒリと火傷のような痛みが発生します。
この症状がでてしまいますと、自分では対処ができませんので病院へ行くことになります。
その間にできることといえば、患部を十分に冷やしておくことくらいでしょう。

乳液やローションは塗らない方がよいかもしれません。
塗ってしまって悪化したら大変です。
医師の診察をお受けになり対処方法をお聞き下さい。



最後に珍しいケースですが、シミがあります。
上記の赤いぶつぶつや火傷のような症状が治まった後に、シミのようなものが残る場合があるようです。

これは、肌のターンオーバーの促す治療を美容クリニックで受けなければな治りません。
一生もののシミとなってしまいますので、この症状が出る前に病院でしっかりと治療しましょう。


除毛クリームは他の脱毛方法より肌トラブルが多いです

肌が弱い方やお肌へのダメージを考えるのなら使用は控えた方がいいです。



一時的な脱毛ではなくケノンで永久脱毛

ケノン 全身脱毛 除毛クリームやムダ毛処理には様々な方法がありますが、
どの方法でもお肌に対して負担がかかり、効果は一時的なもので終わってしまいます。


一方の自分で自宅でできる脱毛器のケノンなら、日本製の高性能な光脱毛器!

家庭用では最大級の照射パワーを持ちながら、
体毛に含まれる色素に反応して短時間の光照射により肌への刺激を最小限に抑えています。

さらに照射面積の広さによりスピーディーな脱毛が可能となっています。
そしてヒゲ、脇、腕、脚、胸、Vライン、背中、お腹、ヒップ、など全身に使用することが可能です。
狭い範囲の処理にも適した脱毛器となっています。


ですからお肌にダメージを与えてしまう脱毛方法よりも、
お肌に優しい安心安全なケノンに乗り換えてみてはいかがですか?1番のオススメです。