ケノンで効果が無かった人必見!
ケノンは使用方法を間違えると脱毛できない!


みんな脱毛出来ているのに何故一部の人に効果が無いの?

まず、効果があらわれないとして考えられることをあげていきます。

ケノン ポイント皆さんは毛周期というのをご存知ですか?


毛周期には、成長期・退行期・休止期があります。
ケノンを使い効果があるのは、成長期の毛だけです。成長期は細胞分裂が盛んに行われて新しい毛が生える時期です。

ですから、このタイミングで毛根にはダメージを与えることにより希望通りの効果が期待できます。

でも、どの毛が成長期かは見てわかるものではありません。
大切なのは、気長に処理を続けることです。1〜2回やっただけでは効果はあらわれません。




ケノン ポイントケノンを永久脱毛器だと思っていませんか?
中には、毛が生えてきた=効果なしというふうにとらえてる人もいるのではないでしょうか。

永久脱毛というのは、脱毛が終了して1ヶ月後の時点で毛の再生率が20%以下である場合という決められた定義があるのです。
つまり、一生ムダ毛が生えない脱毛方法はないのです。
クリニックの医療レーザー脱毛に行けば、永久的にムダ毛が生えてこないというわけでもないですが、注意が必要です。



いかがでしたか?
毛周期と永久脱毛に注意してもう一度ケノンを使ってみて下さいね。

個人差はあると思いますが、遅かれ早かれ効果は確実にあらわれてくることでしょう。
それでも効果があらわれない場合は、毛質や体質が関係しているいるのかもしれませんね。




やってしまいがちな間違った使用方法


ケノンは高機能で脱毛効果が高く、尚且つ安全に使える家庭用脱毛器ですが、
安全といっても使い方を間違えればトラブルの原因にもなり安全ではなくなってしまいます。

ケノンを使用する際には以下のことにお気をつけて下さい。


一番注意が必要なのは「火傷」

肌が弱い人が最初から高レベルで照射すると、火傷する恐れがあります。

また、粘膜の弱いIOラインにもです。
(IOラインはメーカーが非推奨としていますので、トラブルが起きても自己責任になります。)
そして、鼻下の脱毛をやる時は唇にも気をつけなければいけません。


ケノンを使う際には、使用する箇所をしっかりと冷却して、
照射レベルに気をつけることで、火傷の心配はほとんどなくなります。
照射後にも必ず冷却をしましょう。


乾燥肌を引き起こさないために
ケノン使用後に注意しなければらいけないことの一つに保湿があります。
乾燥肌を引き起こさないためにも照射後の保湿は大切です。


何故かというと…
脱毛後はフラッシュ光を当てることにより乾燥しやすくなっています。

しっかりと保湿しないと、乾燥肌を引き起こす原因になります。
また、肌が乾燥している状態は肌機能が低下しているため、シミや肌トラブルなどを引き起こす原因ともなります。


くれぐれも間違った使用をしないで下さいね。
そしてケノンの注意事項をよく確認し、必ず守って使用しましょう。

そうすれば、トラブルといったこともなく安全に脱毛ができます。
決して間違った使用方法で脱毛を行わないようにお願いいたします。


使い方を間違えると効果が出ない

高い脱毛器を購入して効果がなかったら悲しいですし、買って損をした気持ちになりますよね。

中には購入する前に色々と調べたりしている方もいるのではないでしようか。


それでも購入して使ってみたら効果がでないと感じている人もいるはずです。

では、どうして効果がでないと感じているのか。
思い当たる理由は、使い方やパワーの設定、使用している期間といった3つが考えらられます。


まず使い方について
きちんとカミソリやシェーバーで剃ってから使用していますか?
毛が伸びた状態では毛を焼くだけで毛根へダメージを与えることができず、毛がなくならないです。


次にパワー設定について
弱いパワーだと毛が生えなくなるレベルまでダメージが与えられず、
繰り返し発毛することになります。きちんと冷やしながら、我慢できるレベルで最大出力にするのがオススメです。
ですが、肌の弱い方は低レベルで必ず行ってください。


最後に使用している期間について
毛穴は思ってる以上にたくさんあります。
今生えている毛を処理しても、実は休んでいる毛穴があり、そこから別の毛が生えてきてしまうのです。

これが効果なしと感じる主な原因ではないでしょうか。
ですが最低でも2〜3ヶ月使ってみないと効果があるかないかわかりません。


きちんと正しい使い方をしていれば、すぐにはあらわれなくても少しずつ確実に効果はあらわれます
ですから、続けることが大事です。



正しい使用方法で使うと効果絶大


ケノンの基本的脱毛方法は、まず冷やす→照射→また冷やす、といった流れになります。
でもそれだけではありませんから詳しくご説明いたします。


基本の脱毛方法
point1下準備
ケノンを当てる前に毛が長いようなら、2〜3mm程度残して剃りましょう。


point2冷却
刺激を軽くするために保冷剤で肌を冷やして下さい。保冷剤は付属品でついています。
あまり冷やしすぎるとレベルの強さが実感できずに当てすぎてしまうかもしれませんから注意しましょう。


point3ハンドピース
冷却した肌にハンドピースを当てて下さい。
この時に照射面が肌に密着するようにしましょう。

もし密着していなければ、タッチセンサーが肌を認識できずに照射できません。
そして照射ボタンを押して光るのを確認。

自動モード設定すると、充電後に2回光り、また充電後に光ります。


一度あてた照射箇所が重ならないように、確認しながらあてていきましょう。
光がもれないようにカートリッジを肌にピタっと押し当てますが、強く当てすぎると熱さを感じます。


照射後の炎症防止のために肌を冷やしましょう。
最後に肌の乾燥防止に保湿をして下さい。


顔の脱毛方法

ラージカートリッジからスリムカートリッジに取り替えましょう。
なるべく付属のサングラスをかけて目を保護して下さいね。


ハンドピースを照射箇所に押し当てて照射します。
この場合も、冷却→照射→冷却を繰り返して下さい。
照射箇所を何度も当てないようにして、炎症にならないように注意が必要です。


以上が正しい使い方になります。
正しく使用することによって、効果はもちろん綺麗なお肌へと導いてくれますよ



重要なのは使い方


ケノンの効果的な使い方で重要なのは、使用方法や使用頻度を守ることです。
正しい使い方でケノンを使用しなければ、脱毛と美顔の効果が減少してしまいます。


効果的に光脱毛を行うことができるケノンですが、
使用する前日に剃刀や電気シェーバーで毛並みに剃ってムダ毛を剃る必要があります。

ただし、ムダ毛のメラニン色素に反応するケノンで脱毛前に、
深剃りやピンセットなどによる抜毛をしてしまうと効果が半減してしまいます。
間違っても除毛器は使用しないで下さい。


また、照射前にはお風呂なとまに入り、お肌の汚れを落とし清潔にしておきます。
照射レベルを高めることによってより効果的にムダ毛を処理することができます。

ケノンでの脱毛では、クーリングパックによるお肌の冷却をしっかり行うことことで、
火傷などの肌トラブルを防止しながら照射レベルを上げていくことが可能になります。


また、毎日ケノンで脱毛を行うことは効果的ではありません。
体毛の成長期に合わせて、約2週間の周期で使用するのが最も効果的です。

効果が実感できるまで最低4〜5回の照射が必要になります。継続的に脱毛を行いましょう。


次に美顔機能でのスキンケアですが、1週間に1回程度の使用頻度でフォトフェイシャルを行うことが効果的です。
ただし、やり終わったらお肌か乾燥しやすくなるので保湿をすることも大切です。
保湿をすれば肌トラブルの防止にもなり肌荒れなどもしなくてすみます。



現在効果がでなくて悩んでいる方もこれから使おうと思っている方も初めて購入する人も、
注意事項や使用方法や使用頻度を確認してから使うことが何よりも重要です。

決して誤った使い方をしないようにご注意下さいね。