うなじ脱毛するなら医療機関より安いケノンが絶対にオススメ!



夏になると髪の毛をアップにする機会が多くなり、
うなじのムダ毛が気になります。

多くの方は医療機関などで永久脱毛をしたりしますが、
家庭用脱毛器でも自然な形の脱毛できますよ。というお話です。


キレイなうなじは美人の象徴

ケノン うなじ
髪の毛を上げていて、
うなじが綺麗な女性が好きという男性は意外と多いかもしれません。


それは、
うなじが綺麗だとセクシーだからでしょう。


うなじが剛毛であったり、首の根本まで毛が生えていたり、
産毛が多すぎたりというような、
うなじが綺麗にできなくて悩んでいる女性が少なからずいるのではないでしょうか


人によってはうなじが見せるのが嫌で髪の毛をアップにできないという方もいると思います。

もしかしたら、食事に行く時や料理を作る時も
髪の毛をアップにできないという方もいるのではありませんか?


うなじは意外と男性から見られています。


見返り美人という言葉をご存知の方も多いとは思いますが、
後姿が美人の女性は多いです。

それでも中には、前から見ると残念…という方もいます。


最近は、髪の毛をアップにしている女性で、
前から見ると美人なのに後ろから見ると美人ではないという女性がいます。


そのような女性はアップにして
うなじが見られていることなど想像もしていないことでしょう。


多くの方は後ろから見ていて、その視線に彼女は気づいていないだけです。


自分の死角になっているうなじのムダ毛を気にしている人は
少ないのではないでしょうか。


ですが自分では見えていなくても、
他の人からはしっかりと見えています。


うなじは女性らしさや美人の象徴ともいわれてますが、
髪の毛をアップにした時にうなじが綺麗でなければ、
アップで髪型を決めていても、
どこかだらしないような印象に見られます。


後れ毛などが乱れていても綺麗な印象は作れないのです。


一度自分のうなじは綺麗なのかをチェックしてみて下さい。


浴衣やドレスでうなじを見せる場合

ケノン うなじ ムダ毛の自己処理は多くの方がやっていることと思います。

皆さんは自分で見えない部位のムダ毛はどのようにしていますか?


特にうなじは人目につきやすい部位です。
直接見えないのでどのように見えているかが全く分かりません。

意識をしなければうなじなんて自分では気にならない部位です。


うなじは髪の毛をアップにしたり、髪の毛を短くしたりした時に目立ちます。


髪の毛に比べると細いですが、
ある程度長く伸びるので放っておくとボサボサになります。

どんなに可愛くドレスアップしても、浴衣や着物を着ておしとやかに見せても、
うなじがモジャモジャだと恥ずかしいですし、幻滅されることも考えられます。


とはいえ、
自己処理が難しい部位でもあり、
どの当たりを処理すればよいのか分かりにくいということもあります。


また、毛深いことが気になり、
いつも見えないようなヘアスタイルやファッションでごまかしている方もいるはずです。


でも、うなじのお手入れをしておけばいつでも好きなファッションを楽しめます。


髪の毛をまとめる時、
手探りでセットをしていると長く伸びたうなじの毛も髪の毛と
混同してしまう方もいることでしょう。


首に生えている部分はムダ毛だと判断できても、
髪の毛との境目が分かりにくいですよね。

ですから、
正確な範囲を知っておくことも大切です。


うなじの範囲は襟足から首の付け根あたり、首を傾けた時に出てくる骨までです。


そして自己処理の時には、脱毛しすぎないように気をつけましょう。

左右対称に整えるのは難しいですが、
髪の毛に入るまで剃りすぎてしまうと余計に変な形になってしまいます。


うなじのお手入れには様々な方法がありますが、
自己処理で行う場合には安全に行うことが鉄則です。


剃刀を使う方法もありますが、
誤って手が滑るとうなじが切れてしまいます。

うなじが傷だらけの女の子なんて嫌ですよね(笑)


除毛クリームは簡単ではありますが首周辺の皮膚はデリケートです。

かぶれや炎症などの肌トラブルを起こす可能性がありますので、オススメはできません。


ではどうしたらいいの?って思いますよね?


家庭用脱毛器ケノンを使用する方法があります。
kenon
剃るよりも綺麗に自然な形で仕上がり、安全にムダ毛をなくすことができます。


しかもケノンが一台あれば全身を自分で好きな時に脱毛ができます。


うなじは自分で見えない分
鏡を使い確認しながら脱毛するので
慣れるまでは多少時間はかかってしまうかもしれませんね。


でも根気良く回数をこなすことで完全に毛はなくなり、
ツルツルスベスベなうなじを手にいれることができます。


医療機関で脱毛するのは高い


うなじは着る服によって見えたり見えなかったりの部位になりますから、
気にならない女性もいるようです。


でも、脱毛することにより
自己処理の手間から解放され、自信を持って露出できるようになります。


脱毛の方法は、
医療機関のレーザー脱毛と絶縁針脱毛の2つの医療脱毛があります。



レーザー脱毛は、医療用の高い出力がでるレーザーの光で、
メラニン色素に反応させて毛の細胞を破壊し、毛を作れなくする脱毛方法です。

レーザー脱毛の場合は、
黒い色素に反応しますので産毛などは残ります。

医療用レーザーは、
シミやソバカスの治療にも使用されています。


絶縁針脱毛は、
毛を毛穴に針を刺して電気を流すことで毛乳頭を破壊して、
毛を作れなくする脱毛方法です。


施術する医師にも、高い技術が必要です。

毛穴1つ1つに針を刺しますので時間がかかりますし、
かなり痛みを感じる施術方法です。


ですが毛穴1つ1つに針を刺すことで
白髪や産毛に非常に高い効果を得られるようです。


また、
絶縁針脱毛は日焼けなど色素の強い方に効果があります。


痛み自体は麻酔効果のあるクリームを塗るなどの方法で軽減できます。

痛みを強く感じる方に対しては、注射の麻酔の使用もあります。


脱毛後はお肌が赤くなりますが1週間程で普段のお肌に戻ります。


医療脱毛の良いところは、
医師が施術しますので、万が一の時には適切に対応してくれます。

その分かなり高額になってしまいます。
ケノン 高い

ケノンなら好きな時に脱毛し放題


ケノンの家庭用脱毛器は、
全身にも使用でき、産毛や薄い毛の脱毛にも対応できるくらい使用範囲が広いものです。

うなじの脱毛にもケノン脱毛器を使うことで見えにくい部分の脱毛もできます。


ケノンがあれば
いつでも脱毛ができるので美しく綺麗なうなじを手にいれられます。


そんなケノンを使ってうなじを脱毛する時の注意点をいくつかご紹介します。


point1髪を綺麗にまとめる

脱毛前には
しっかりと髪をアップにまとめて落ちてこないようにして下さい。

脱毛の途中で髪を落ちてきてケノンを誤って当ててしまうと
髪が火傷をしてしまい傷んでしまいます。

焼けたような匂いが部屋に充満して髪の毛がダメになってしまします。


point2冷却する

脱毛前にはうなじをしっかりと冷やしておくことが大切です。


この手間を惜しむと、
脱毛中に痛みを感じたり脱毛後にお肌が炎症を起こす可能性があります。
冷やせば冷やすほど痛みは少なくなりますよ。


point3オートモード+大きなカートリッジ

実際に処理をする際には「オートモード」の設定にしておきます。


一番大きなカートリッジを使用すると、広範囲で脱毛が可能です。
鏡を見ながらケノンを上手にスライドさせながら脱毛をしましょう。


この3点に気をつけて脱毛をして下さい。

ケノンの扱い自体は全く難しくありません。


脱毛時の注意点をしっかりと確認して、
うなじを綺麗に処理することができます。