アンダーヘア脱毛は男性でも常識!
パイパンまではあれだけど処理しないのは日本人だけ!

以前「アンダーヘア脱毛器でオススメはケノン!これ一台で全身脱毛」
という記事をご紹介いたしました。

今回はアンダーヘアの脱毛は男性でも常識になりつつあり、
処理しないのは日本だけ?ということに関してご紹介していきます。



アンダーヘア脱毛は女性だけの物ではない



最近は、陰部(アンダーゾーン)のことを「VIO」と呼ぶようになりました。


この部分の毛を処理することを
「VIO脱毛」と言うのが一般的です。

このVIOとは、
Vライン・Iライン・Oラインの総称で
元々は女性の陰部の形状から生まれた言葉です。
ケノン vio

VラインはVゾーンを指し、
Iラインは女性器の陰部の縦に沿ったゾーン、
Oラインはお肌の穴の周りこといいます。


女性がこうしたVIOの脱毛をするのが一般的になりつつありますが、
その流れを受けて、
最近では男性もこの部分のムダ毛処理することが広がっているようです。


元々女性のアンダーゾーンを指していたVIO
という言葉が男性にも適用されるようになり
ました。


説明するまでもないかもしれませんが、
男性と女性とでは陰部の形状が違います。


だから、VIOという言葉を当てることには
少し無理があるようです。

男のVIOと聞いても、具体的にどこの部分を
指すのかわかりにくいようです。


そこで男性のVIOとは、どのあたりのことを
指すのかご説明していきたいと思います。

menz-vio
 

男性のVライン
Vライン(Vゾーン)は、お腹の下から陰茎の
表面の濃い毛が生えているあたりのことです。


男性のiライン
陰嚢(たまたまのことね)周辺のことを指します。


男性のOライン
肛門の周辺のことを指します。


男性のVIO脱毛は、
日本ではまだ一般的なことではないようで、
これから拡大していくことが考えられています。

基本的にいらない部分の毛なので、
無い方がずっと快適です。


VIO脱毛することによるメリットは世界的に知られるようになり、
すでに海外ではエチケットとして当たり前になっている国がほとんどです。

日本でもエチケットとしてVIO脱毛することが
当たり前になる日もくるかもしれませんね。



男性が処理していると好印象

ケノン 脱毛 昔は毛深い男性がモテていたこともありましたが、
最近の女性の好みは、ツルツルでスベスベな男性の方が好まれます。


その為、腕や顔、脚のムダ毛処理をしている
男性は多くなっています。

でもあの時になってVIOが剛毛では、
女性にひかれてしまうかもしれません。

女性にとってはVIO脱毛は当然のことでもあり
VIO脱毛をしていると良い印象を受けるという方が多いです。


ですから顔や腕、脚などと同じようにVIOもしっかり脱毛をして処理していると
清潔感がでて女性の好感度も高くなります。

まだVIO脱毛している男性はそれほどいない為処理している人が少ないからこそ
女性からは好感が得られるのではないでしょうか。


快適さは抜群

ケノン 快適
男性は女性に比べると脱毛をしない方が多いですが、
VIO脱毛をオススメするにあたってきちんとした理由はあります。

まず、毛がないことで清潔感がアップします。


元々はVIOをお手入れする習慣がないので、
どうしても不潔になりがちです。

毛がなくなることで清潔な状態を保つことができます。

尿や便が毛に付着することもなくなり、
毛が亀頭と皮に挟まって痛い!ということが
なくなります。

そのため匂いがかなり軽減されます。



また、雑菌が繁殖するのも毛が原因であることから
ムレやニオイ対策にもなります。

特に夏場に効果を実感することが多いようです。

いがいと汗をかきやすい部位なので、
毛がないことで快適に過ごすことができます。


一度経験してみるとわかりますが本当に快適ですよ!


行為の時にも確実に

ケノンがあれば気になる所を全て脱毛できる

ケノン
これからの男性は清潔感がなければいけません。
ケノンならほぼ全身脱毛ができます。


エステには、
行く暇がない方や忙しい方や費用が高い!!
と思っている人や

恥ずかしくて行きたくない!!
と言う方がケノンを購入して、
自宅で好きな時に脱毛処理をしている人がたくさんいます。



実はケノンは男性からも大人気の脱毛器です。


自宅ならいつでも好きな時に好きなだけ、
恥ずかしがることもなく本格的に脱毛ができます。


ケノンならお肌にも優しく負担をかけずに脱毛ができます。

本体価格は7万円前後でお高めですけど
買ってしまえば脱毛し放題です。


さらに高評価という文句なしの脱毛器です。

きっと買って損はしないと思います。

試してみてはいかがでしょうか。