脇毛を脱毛するならケノンに決まり!
片脇の脱毛時間はわずか10秒!



脇の処理は注意が必要


初めての脱毛は脇からだったという方も少なからずいるのではないじょうか?
脇の脱毛は一般的であり、脱毛の最初の一歩でもあります。


脇脱毛は手軽にできる脱毛部位のイメージが強いかもしれませんね。
でも手軽にできるとはいえ、脇脱毛の脱毛方法によっては注意が必要です。

気軽にできる部位だからこそ、慎重に綺麗に処理してほしいと思います。



自宅で簡単にできる脱毛方法に、剃刀や毛抜きなどがあります。
ケノン 脱毛


きっと剃刀や毛抜きで、脱毛を行なっている人も多いことと思いますが、
デメリットの方が多いのです。
今後の為にも、脇脱毛を剃刀や毛抜きで行うとどのようになるかの注意点をご紹介していきたいと思います。


カミソリのメリット

  • 手軽にできる
  • 気になれば自分でいつでも処理が可能
  • 剃刀だと安い
  • 痛みがない

カミソリでのデメリット

  • お肌を傷つける
  • 剃刀負けを起こす可能性がある
  • 完全には脱毛できない
  • 綺麗に脱毛できない
  • 手軽にできる分、頻繁に脱毛処理をし、回数が増える分だけお肌に負担がかかる
  • 自分でするから衛生面に気をつける必要がある




毛抜きでは

剃刀やシェーバーで処理後、毛抜きで残った毛を抜いている方も多いはず!
見た目は毛が抜けたような感じはしますが、実際は毛根からは・・・


毛抜きのメリット
  • 毛抜きを使うと短い毛を脱毛できる
  • 気になったらいつでも脱毛ができる
  • お金がかからない

毛抜きでのデメリット
  • 毛穴が目立ち、鳥肌のようなボコボコ脇になってしまう
  • 毛を抜くとお肌を傷つける
  • きちんと抜けているように見えても、実際には毛が残っている。
  • 場所によっては自分で抜きにくい
  • 一本一本処理するのは面倒
  • 無理な処理で埋没毛(埋れ毛)になる可能性がある

注意点

剃刀の場合には、剃刀がお肌を傷つけないように優しく行わなければなりません。
毛抜きは、引き抜く力が必要で、毛穴が開いたり出血によって黒ずんでしまう場合があります。


そして、お肌への負担が大きいため、処理後の影響を最小限にする必要があります。
また、保湿など脱毛後のケアをしっかり行ないましょう。


とはいえ、剃刀や毛抜きといった脱毛方法はオススメできません。
その場しのぎの脱毛方法で、自己処理では痛みや痒み、黒ずみや炎症などが起こる可能性があるのです。
特にお肌の弱い方には、不向きな脱毛方法といえます。


埋没毛や赤いプツプツ色素沈着は肌トラブルの原因


剃刀で剃ったり、毛抜きで抜いたりをしてムダ毛の自己処理をしている方は多いはず。
気になった時にすぐにできますし、経済的な面でも魅力を感じていると思います。


でも剃刀や毛抜きでの自己処理は、毛嚢炎(もうのうえん)や色素沈着、
埋没毛や剃刀負け、内出血などの肌トラブルの原因にもなるのです。


でも毛嚢炎って何?色素沈着って何?って様々な疑問が出てきますよね。
そこで、上記に記載した五つの肌トラブルの詳細をご説明していきたいと思います。



毛嚢炎

毛穴の奥で毛髪を産み出す毛包の部分が、ブドウ球菌に感染して起こる皮膚病です。

脱毛によって、毛包から毛根が抜き取られる際に、
毛穴から菌が入ってしまうのが原因とされ
お肌がジメジメした状態にさらされていると、発症しやすくなるようです。

ニキビとそっくりの症状です。

主な症状は、毛穴部分の赤いブツブツや、
化膿によってできる膿をもった膿疱で、痒みや痛みがないのが特徴です。
軽いものは自然に治るようですが、皮膚科の受診をオススメします。


色素沈着

皮膚は、紫外線や外部からの刺激を受けると、
大量のメラニン色素が増えることによって、お肌では黒ずみやシミの原因となる色素沈着が起こります。

脱毛による色素沈着は刺激が原因のため、脱毛の際はできるだけお肌への負担を減らすことが重要となります。


できてしまった色素沈着は、紫外線によってさらに悪化する可能性があります。
患部のUVケアを心がけ、普段からビタミンCを多くとるなどのメラニンを抑える効果が必要です。



埋没毛

成長の段階で、毛穴がうまく外に出ることができずに、
皮膚の中に溜まってしまうのが埋没毛です。

原因は剃毛や脱毛による切れ毛などで、鳥肌のようなブツブツや黒い点々が見られます。


基本的に埋没毛は、放置しておくと自然に分解されるのですが、
場合によっては毛嚢炎や色素沈着になることもあるようです。
また、無理にほじって外に出そうとすると、色素沈着や跡が残るなど、さらにトラブルの原因になってしまいます。

埋没毛が気になるという方は、剃毛や毛抜きはやましょう。

剃刀負け

剃刀で剃った部分がヒリヒリしたり、
痒みが出た経験をしたこともある方もいるのではないかと思います。
それが剃刀負けです

剃刀で毛を剃る際に、剃刀の刃によって皮膚が傷つけられることで様々なトラブルを引き起こします。
ひどくなると、炎症をおこして赤くなったり、湿疹や肌荒れの原因にもなります。


剃刀負けは、剃刀の刃で肌を傷つけないようにすることで予防はできます。


剃る前にお湯で湿らせて、水分を含ませることで毛を柔らかくしておくと、力を入れず剃ることができます。
さらに直接お肌に触れるのを防ぐために、石鹸やシェービングフォームなどをたっぷりとつける必要があります。


内出血

毛抜きなどで無理に毛を抜くと、毛穴にも近い部分の細い血管が切れて皮下出血を起こします。紫斑と呼ばれる赤い紫色の斑点が特徴で、できるだけ早めに冷やすことで症状が軽減されます。

毛を抜くことはお肌への負担が大きいため、細心の注意が必要です。重要なのは無理をせずに毛をぬくためには、毛の流れに沿って抜くこと。毛根が綺麗に抜けるほか、皮膚の途中で毛が切れることを防ぐことで、埋没毛ができにくくするのです。



家庭用脱毛器がオススメ


家庭用脱毛器としては人気も実力もNo.1なケノン!
その秘密はなんといっても照射面積の広さと、脱毛効果に優れているということです。


エクストラカートリッジなら3.7cm×2.5cmと最大クラス。
照射面積が広いということは脱毛にかかる時間や手間も少なくて済みます。

これによってレーザーやエステサロンや自己処理からケノンへ乗り換えている方はたくさんいます。


低コストでスピード脱毛、このお得感は使ってみると分かることと思います。
ケノン
ケノンで両方の脇脱毛しても10分もかかりません。

慣れると片脇10秒程でできちゃいます。


しかもケノンで脱毛をした方の感想を見てみると、脇は非常に効果が出やすい部位だということが分かるのではないでしょうか。

自宅で好きな時に少しずつ脱毛ができ、人に見られる心配もなく、
密かに脱毛したい方にもオススメといえるケノン脱毛器です。



家庭用脱毛器の中でケノンが最優秀


家庭用脱毛器の便利さは、やはり自宅で好きな時に気軽に脱毛ができるところでしょう。

エステに行くとすごくお金がかかりますよね。


家庭用脱毛器なら、最初の購入費だけ支払えば、
後は使い放題で経済的にもとても良い脱毛器です。


そして最近の家庭用脱毛器は、性能も格段と良くなっていて、
スピーディーに脱毛ができ、広範囲の脱毛もできて、痛みが少なくなっています。

その中でも一番ズバ抜けているのがケノンなのです。

非常に優秀で、性能も高性能で作られており、安全面から見ても、全てにおいて抜群といえます。
これほどまでに圧倒的な人気で便利なアイテムは、他のと比べてもケノンは負けしらずでしょう。