VIO脱毛でパイパンにするのは恥ずかしいけど、
一度処理すると病みつきになる爽快感

以前「アンダーヘア脱毛は男性でも常識!処理しないのは日本人だけ
という記事で、男性のアンダーヘア脱毛は普及しつつある
ということについてご紹介いたしました。

今回は「VIO脱毛するのは恥ずかしいけど、一度処理すると病みつきになる爽快感」を
得られるよという記事をご紹介していきます。


エステでVIOを処理するのは恥ずかしすぎる

VIO 恥ずかしい 
あなたのVIOラインの毛は濃いですか?

VIOラインの毛が濃くて悩んでいる女性は多いです。


自己処理をしても綺麗には処理しきれませんし、
剃刀負けをするなど、肌荒れをしてしまう方も多いのではないでしょうか。

ですから、エステでのVIOライン脱毛に興味がある女性もいるかと思います。


でも、興味はあっても中々実際に通うのは難しいという方がほとんどですね。


その理由として、
  • 時間がない
  • お金が
  • 面倒

  • と様々あります。

    何よりもVIOラインを他人に見せることが恥ずかしいというのが
    一番の理由だと思います。

    いくらエステティシャンとはいえ、恥ずかしい部分を見せるのは嫌すぎますよね?



    VIOライン脱毛は、
    下半身の自分でもあまり見たことのないようなところを
    他人に晒すわけですから、恥ずかしいと思うのが当たり前です。


    しかし、最近の脱毛エステサロンでは、
    紙でできたショーツを履かせてくれる所がほとんどのようですから、
    下半身が裸になる必要はありません。


    実際Vライン脱毛は、
    紙ショーツをずらしながら施術をしていきます。

    それでも恥ずかしい気持ちは消えないと思います。


    しかしioラインはショーツをどうしても脱がなければ施術できません。



    施術するスタッフは女性ですので、
    これまで何人ものアンダーヘア脱毛をしてきたことで感覚は麻痺しているため、
    私達が思っているほど気にしていないようです。


    気にしてはいないですが、
    施術される側が恥ずかしいと思っている気持ちも十分理解していますので、
    できるだけ受ける側の要望に答えながら施術してくれるそうです。

    ちなみにどういうふうに施術をしていくのか気になりませんか?


    簡単にご説明いたしますね。

    Iライン
    基本的に専用の紙ショーツやTバックが用意され、
    それを着用して施術していきます。

    一応隠してはいますが、
    ほとんど見えている状態なので気持ち程度と思っておくと良いでしょう。

    施術時の大勢は仰向けになって片M字開脚のような格好をします。


    Vライン
    基本的に紙ショーツを履いた状態で、
    処理する部分が見えるように少しずつずらしながら光を当てていきます。

    ですので、
    Vラインの脱毛ではアソコを見られることはほとんどありません。

    施術時の大勢は仰向けになって少し股を開くような格好をします。

    Oライン
    お尻部分があいた紙ショーツをはいた状態で施術します。

    Iラインよりも恥ずかしくないと思います。
    このように見てみると恥ずかしく感じるかもしれません。


    脱毛エステサロンによって
    使うショーツや施術時の格好などが方法が異なる場合があるので、
    コース契約前のカウンセリングで具体的な脱毛方法をしっかりと聞いておくと良いです。


    勇気を出して処理するとかなりの爽快感

    ケノン 快適 
    最近では、VIO脱毛をしたいという方がとても多くなってきています。

    他の人に見られてしまうのは少し抵抗があるという方も多い中、
    人気がある理由は三つあります。


    point1一つ目は、
    生理などの際にかぶれてしまったり、痒みを感じることがなくなります。
    女性ならではの悩みから解放されるので、やりたいという方が後をたちません。


    point2二つ目は、
    オシャレな印象になります。

    いつも見えない所に気を使っていることで、
    自分自身も爽快感えられます。

    point3三つ目は、
    自分で抜いたり、剃刀で処理をしていると
    何らかのトラブルが起きてしまいます。

    プツプツとした状態は非常に不愉快です。

    VIO脱毛をすることで、
    このようなことから全て解放されます。

    VIO脱毛は他の脱毛部位よりも敏感なので痛みを感じやすいといえます。


    自分に合った施術を選んでストレスがない脱毛をするようにしましょう。
    そうすることで、すっきり爽快感が得られることでしょう。


    2度と生やしっぱなしには戻れない


    VIOの処理をするということは、
    最近では普通のことのようになってきています。

    ですがトラブルも多く発生しているようです。


    それは様々な肌トラブルです。

    デリケートゾーンはその名の通り大変デリケートで、
    傷つきやすく雑菌が入りやすい場所です。
    ケノン デリケートゾーン 
    特に扱いにくいのがIラインとOラインです。

    粘膜に近く、処理がとても危険な箇所です。

    特にIラインは皮膚が盛り上がって
    凹凸しているのでまず毛を剃ること自体とても大変です。


    Oラインも中に入り組んでいるために処理が難しいです。


    腕や脚などを脱毛した場合、
    完了した後に後悔することはほとんどありませんが、
    VIO脱毛した後に後悔することはあるようです。



    あまりにも脱毛をしすぎてツルツルにしてしまったけど、
    彼氏からの評判が悪かったり、
    温泉などで恥ずかしい思いをしたり。


    元に戻すといっても脱毛してしまった毛は元には戻りません。


    薄くなってもなくなってしまっても
    もとの状態には戻らないですから、
    ある程度考えて脱毛した方が良いでしょう。

    IとOは特に問題ないので大丈夫ですが、
    Vラインは少し残しておいた方がよいかもしれませんね。



    そしてフラッシュ脱毛などをした時に
    まれに濃毛化現象が引き起こる場合があります。

    前以上に毛が濃く、硬くなってしまうという症状です。


    これが起こる原因として、
    照射の出力が低かったためではないかと言われています。

    そのあたりは出力を調整することで
    改善する可能性が高いのでしっかりと相談しましょう。

    ちょうど良い照射レベルで施術してもらえるように確認しましょう。

    あまりに強すぎると
    今度は火傷などのトラブルを引き起こしかねません。

    VIO脱毛の施術は、
    大体六回を目安に薄毛になっていきます。



    個人差はありますが、
    一回、二回までの施術でやめてしまえば元に戻ります。

    しかし、
    六回の施術を受ければ元に戻らなくなるので注意が必要です。


    ですから、ここには毛が欲しいと思っていても、
    思うように生えてこなくなる可能性もあります。

    しっかりとVIO脱毛は計画的に行うことが重要ですね。

    VIO脱毛は自宅でセルフ脱毛がオススメ

    ケノン アンダーヘア脱毛 
    口コミでも評判となっているフラッシュ式の家庭用脱毛器ですが、
    アンダーヘアのお手入れであるVIO脱毛も、
    誰にも見られずにこっそり自宅で脱毛を行うことができます。


    脱毛といえばエステサロンと考えるのが普通でしたが、
    今では自宅で手軽に好きな時に脱毛ができる家庭用脱毛器の方が
    大人気となっています。


    エステに行くとお金もかかりますし、
    通う時間もないと思っている方にも家庭用脱毛器はオススメです。

    色々なタイプの脱毛器がありますが、中でも有名なのはケノンです。


    このケノンは、
    数ある家庭用脱毛器の中でも圧倒的な人気を誇っています。


    VIO脱毛は、
    デリケートゾーンであるとともに恥ずかしいと感じてしまう部位でもあり、
    エステに通うのを躊躇してしまう方も多いのです。

    このケノンであれば、自宅でセルフ脱毛ができます。

    煩わしさが一切なく脱毛を始めることができます。

    中々予約とりづらいエステで、
    高い料金を払うことを考れば家庭用脱毛器はとても魅力的といえるでしょう。